トップへ 情報発信
  美園紹介 | 学校から | 総合的な学習 | 給食室 | 健康・安全教育 



美園紹介
美園の地理


美園の歴史
 昭和31年、野田・大門・戸塚の三村が合併し、新たに美園村となった。
 美園村という地名は、公募により選んだが、美園の美は三村が合併した「三」と、新しい村を美化する意味であり、園は、三村とともに、丘、野、林等、緑豊かで、植物公園的な地形をなしていることにちなんだものである。
 昭和37年5月1日、美園村は廃止され、旧野田村、大門村は浦和市に、旧戸塚村(一部を除く)は川口市に編入された。
 美園地区は、市内有数の植木、苗木の産地である。鑑賞樹類(ツゲ、カイズカ、ツツジ等)、果樹苗木類(カキ、ウメ、サクラ、ブドウ、リンゴ等)、花卉類(紅梅、桃、雪柳等の花物と、ヒバ、槙等の鉢物)の栽培が盛んで、栽培技術、生産量とも全国的に有名である。


美園の産業